風俗店の種類について

風俗店と一口にいっても、実はいろいろな種類があります。
一つ目は、「ソープランド」。いわゆる、「本番あり」の風俗店です。

ただし、法律上は本番は禁止されているので「特殊浴場」という扱いになっています。
最後までできる分、料金は他の風俗店よりも高めです。

二つ目は、「ヘルス」。

これは、一言でいうと「本番のないソープランド」です。
店内の部屋で、嬢と会う所までは同じですが、挿入はNGとなっています。
強引にやろうとすると、罰金を請求されたり、警察を呼ばれることもあります。

お店によっては、オプションとしてバイブなどを用意している所もあります。

三つ目は、「デリヘル」。
これは、「デリバリーヘルス」の略です。

サービス内容はヘルスと同じですが、好きな場所に嬢を呼んでプレイを楽しめます。自宅はもちろん、ラブホテルなどに呼ぶこともできます。
24時間営業している所もあるので、「夜遅くに風俗に行きたくなった」という時に便利です。

四つ目は、「ピンクサロン」。

いわゆる「ピンサロ」のことで、口によるサービスが受けられます。長椅子の置かれた部屋に通され、そこでプレイすることになります。
シャワーはなく、自分も嬢も全部は脱ぎませんが、料金は安めなので、とりあえず抜きたいという時におすすめです。

五つ目は、「セクキャバ」。
地域によって呼称が異なりますが、「お酒を飲みながら、胸などを触る」というお店です。風俗店の中では、最もソフトなタイプです。

参考:風俗の種類 風俗らいぶらりー