ソープランドに景気づけで!

私の大学の追い出しコンパ、ようするに体育会系だけに大学4年生を見送る夜は若手OBを中心に費用を出し合って、ソープランドに行くことにしています。

船橋市内で宴会を行って、そのままソープランドに行くというのがお決まりのルートです。

私自身も大学4年生の時にはOBの方々のおごりで正直、人生で初めてソープランドに行くことができました。

とにかく驚くほど若くてかわいい子が多くてびっくりしたことを今でも覚えています。
それ以来、5年間私もこの追い出しコンパの時には自分自身も船橋のソープランドに行くことにしているのですが、ご指名をする際にちょっと好みが変わってきました。

自分自身がセックスの楽しみをもっと知りたいということで若い女の子よりも自分が28歳ということもあって、同年代、もしくは少し上の年代をご指名することにしています。

なかなかこの世代のソープ嬢も結構多く、指名には事欠いたことがありません。
そして、通常彼女とは体験できないようなテクニックを味わえるのですが特に男性を責める、または気持ちよくさせるテクニックに関してはやはり素人とは、そして若い世代とはけた違いにランクが上だと思います。

今付き合っている彼女に、ここをこうしたらもっと気持ちいいからなんて本当はこの体験を伝えたいのですが、さすがにそれもまずいかなと思い、差し控えています。
逆に彼女がこんなにテクニシャンならちょっとひくかもしれないなと微妙な心持です。

ピンクサロン雑記


風俗店の中では最も手軽だと思うし、個人的には好きな業態だ。

口によるサービスがメインの比較的淡白な業態であるためか、嬢の年齢がかなり若い。

自分も若い方だとは思うが、同い年の年齢にすら会ったことがなく、10代もざらにいる。若い女性の肌に触れるのは非常にいいものだ。

しかし、これは店や地域で大きく差がでるようで、私が以前利用した池袋の店舗はことさら若い嬢が多かった。吉祥寺や赤羽の一部もそうした店舗があるようだ。

しかし、メッカと言われる大塚や巣鴨となるとそうはいかず、店も古ぼけているし、嬢には年配や外人も多くいる。
船橋の風俗一覧

船橋はどうだろうか。行ったことはないが。

価格が安いとはいえ、5,000~6,000円を相場と考えた方が、ピンクサロンを楽しめると思う。

また、ピンクサロンにはソファや低い壁で仕切りがあるだけで、基本的に周りが全て見えてしまう。風営法に引っかかるような理由だったかと思う。

大の男が下半身をさらけだしている光景がそこかしこに広がっているのは滑稽であるが、非日常の時間を感じさせてくれるので、私は嫌いではない。

私は基本的に指名はせず、値下げやコスプレ等のイベントをやっている店を選ぶ。

ある程度の嬢の質がいいとわかっている店に行くので、余計な料金をかけたくないからだ。

ただし、思い出に残る嬢はいた。

池袋で出会ったその娘はI嬢といい、YUKIに似た愛嬌のある顔立ちであったが、その時は特に何も思わなかった。

しかし、ひとたびプレーが始まると彼女は豹変した。

濃厚なキスに始まり、私が攻めを開始すると、顔を赤らめて全身で感じている。

私も彼女もお互いむさぼるように互いの体を攻めあった。

口だけでなく、胸によるサービスもあった。ノックアウトされた。

ピンクサロンで、後にも先にもあの嬢よりいい娘に出会ったことがない。

程なくして彼女は店を辞めてしまった。

もう一度指名して行きたいと考えていた矢先のことだったので、少なからずさびしくなった。

風俗業界に今もいるのであれば、また会いたいと思う。

今は実家の東京を離れており、ピンクサロンのある地域に住んでいない。

この文章を書いて、久しぶりに行きたくなってきた次第だ。